28.Selections and Masking > Quick Masks

クイックマスクについて。

クイックマスクボタンを押すと、画面全体が赤色になります。

NewImageNewImage

 

次に左端のペイントブラシツールを選択します。

この時、ブラシの色は白を選択します。NewImage

すると、ブラシの部分だけ、元の画像が覗く様に見えます。

この状態でクリックドラックすると、以下の画像のようになります。

<Tips> ブラシの色を黒にすると、逆に赤色に戻すことができます。心ゆくまで調節できます。

NewImage

<Tips> この状態で”Q”を押すとクイックマスクをトグルできます。

クイックマスクをトグルすると、この場合目の部分だけ選択範囲を

選択ブラシで選択するよりも、簡単に選択範囲を設定でることがあります。

 

 

 

 

 

27.Selections and Masking > Pixel Selections from Layers

下のような画像、レイヤ構成になっていると

します。

空の部分がレイヤとして選択されている状態です。

NewImage

 選択 > レイヤからの選択範囲

NewImage

空の部分だけ綺麗に選択されています。

NewImage

この状態で

 選択 > ピクセル選択範囲の反転

すると、とても簡単に空以外を選択できます。

NewImage

 

 

 

 

26.Selections and Masking > Refining Selections

選択範囲のリファイン(調整)とマスクについて。

1.選択ブラシで選択します。

 

NewImage

2.調整を押す。選択範囲外が赤く色づけされます。

NewImage

NewImage

 

3.調整したい範囲をクリックドラックします。

optionを押しながらクリックドラックすると除外になります。

NewImage

 

4.選択終了後、適用をクリック。これで選択範囲のリファインは終了。

5.次はこの選択範囲を使ったマスクの話。

 適用をクリックしたあとにマスクを適用します。

 その後選択範囲を解除します。

NewImage

 

マスクレイヤをクリックし、右クリックから、マスクの調整を選択します。

NewImage

 

先程と同じダイアログが現れます。

つまり、再度選択範囲の微調整が可能となります。

プレビューのダイアログすると、バックグラウンドを変更できます。

ミーアキャットの胸毛当たりは、ハイキーで見にくいので白黒に設定すると

かなり見やすくなります。

 

NewImage

 

 

 

 

 

 

 

 

25.Selections and Masking > Making Selections

選択範囲の設定。

<Tips> 選択範囲の解除はCmd+D

1.選択ブラシ

 選択したい範囲をクリック&ドラック。

 Optionを押しながらドラックすると、選択範囲を除外できます。

 ブラシの大きさは”[”と”]”です。

 マウスを動かす速度も選択範囲に影響します。

 ゆっくり動かすと選択範囲は小さく、速く動かすと選択範囲は大きくなります。

 

2.フリーハンド選択ツール

 水滴の輪郭に合わせてドラックしていくと、選択範囲を適当に指定してくれます。

NewImageNewImageNewImage

画面上部のモードを変更すると、選択範囲を細かく調整できます。

追加:新たに選択範囲を追加します。隣の水滴も一度に選択できます。

除外:選択範囲から除外する範囲を指定できます。

交差:事前の選択範囲から同じ選択範囲を選択。(説明が悪いので、手を動かしたほうが理解が速い)

23.Transforming > Cropping: > Options

1.カスタム比率で切り抜きする時。

矢印で値の上限。

タブキーで、カーソルのフォーカスを移動することが出来ます。

さらに、設定したカスタム比率を保存したい場合。

 モード > プリセットの保存

で可能です。

 

2.絶対寸法は、比率ではなく、実数でサイズをしてします。

 単位を選択しましよう。

 写真の大きさとか決まっている場合は、こちらも便利。

 実際のサイズとトリミングするので、DPIも大事。

 DPIはドキュメント>ドキュメントのサイズ変更です。

 DPIを変更するとき、リサンプリングのチェックボックスをオフにするかも

 問題です。

 実際のサイズでトリミングするときのポイントは、単位とDPI!

 

21.Transforming > Straightening Images

傾き補正。

 

<Tips> 切り抜きツールを選択”C”。 この状態でCmdを押しておくと、傾き補正アイコンがでるので、線を引く  

 

切り抜きツールを選択すると画面上部に”傾き補正”ボタンが出てきます。

基準(地平線とか建物の水平)に合わせて線を引くだけです。

 

 

イメージ

非常に簡単に水平、垂直が取れてしまいます。

NewImage

20.Transforming > Cropping: > Aesthetic

切り抜きツールを選択すると通常は3x3のガイドラインが表示されますが、

画面上部のオーバーレイボタンを押すとラセン、対角線を選択することができます。

 

NewImage

 

下の画像は、ラセンを選択した時のものです。

作品に合わせてガイドラインを選択できるのはありがたい。

さらに、切り抜きも非破壊操作で、元に戻したい場合は、

 ドキュメント > キャンパスのクリップ解除

を選択すればいい。もしくはUndoも効きます。

 

NewImage