72. Retouching > Making Images Pop

マスクレイヤを使って写真を立ち上がらせる方法。

元の画像:

NewImage

新規ライブフィルタレイヤ > アンシャープマスクレイヤを追加

半径を最大に設定

ブレンドモードを”明るくする”にします。

NewImage

 

蜘蛛と蜘蛛の巣が背景から立ち上がってみえるようになりました。

 

 

 

 

 

71.Correction > Changing eye color

眼の色の変え方

元の画像:

NewImage

 

まずは目の部分の選択です。

クイックマスクを使います。

NewImage

ペイントブラシを選択。

NewImage

目の部分を選択していきます。

NewImage

クイックマスクモード抜けると、目の部分が選択された状態になっているので、

新規レイヤー > 再配色調整レイヤを追加します。

選択は解除してOKです。

NewImage

 

NewImage

ブレンドモードの調整(カラーを選択)。

NewImage

 

Tips:ペイントブラシで黒色を選択して、目の部分を塗ると、マスクが消えて、そこだけ元の画像にもどります。

 

別のアプローチについて。

新規ピクセルレイヤを追加。

ペイントブラシを選択。

ブレンドモードをオーバーレイにセット。

不透明度も調整。

カラーをセット(ここでは緑系に)。

NewImage

黒目の光も緑になっているので、消去ブラシツールで余分なところを消してしまいます。

レイヤを重ねてあるので、何度でも不透明度やブレンドモードを微調整することが可能です。

また、更にレイヤを重ねることによっても調整が可能となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

70.Getting Creative > Brushes

ブラシについて。

ブラシの幅を調整するショートカットキーは”[”と”]”

NewImage

不透明度のショートカットキーは数字キー。

”1”を一回押すと10%に、二回連続して押すと11%に、三回で100%。

”2”を一回押すと20%、二回連続して押すと22%に、三回で100%。

 

ブラシパネルには、予めブラシパターンが用意されています。

NewImage

 

ブラシを選択した状態でその他をクリックするとブラシのカスタマイズが可能です。

NewImage

 

 

ウエットエッジにチェックすると、上の緑のラインに。

チェックをはずすと下のラインのようになります。

NewImage

 

 

 

 

 

69.Getting Creative > Sepia Images

セピア調にする。

元の画像:

NewImage

新規レイヤー > 白黒調整で白黒のバランスを調整

NewImage

 

次に、新規レイヤー > 再配色調整。

NewImage

 

色相をオレンジにし、彩度を下げて調整します。

もしくは、彩度を変えず、不透明度を変更しても良い。

NewImage

 

 

 

 

 

 

68. Getting Creative > Creative Black & White

クリエイティブ白黒画像

元画像:

NewImage

 

調整 > 白黒を選択。

NewImage

 

色ごとに、白黒を調整できます。

これは、レイヤになっているので、チェックのオンオフでいつでも元の画像を確認できます。

NewImage

別の例:

白黒を調整するところまでは、同じ。

白黒レイヤの下に調整 > HSLを追加します。(ドラック&ドロップ)

NewImage

 

HSLのスライダーを変化させると、それに合わせて白黒のイメージも変化しています。

NewImage

 

NewImage

 

 

 

67.Getting Creative > Creative Gradients

創造的なグラデーションツールの使い方。

元画像:

NewImage

 

新規ピクセルレイヤーを追加します。

ピクセルレイヤのすぐ上に作ります。

NewImage

グラデーションツールを選択。

クリックドラックで、選択。

この場合、画面の外側まで持って行きます。

NewImage

グラデーションのタイプを選択。

NewImage

グラデーションカラーの選択。

NewImage

ブレンドモードの選択。

NewImage

グラデーションカラーの調整、グラデーションの位置調整して完成。

NewImage

 

 

66 . Getting Creative > Lighting

ライティングにかんして

元画像:

NewImage

新規ライブフィルタ > 照明フィルタを追加します。

ライブフィルタを一番上のレイヤに移動させておきます。

NewImage

 

パネルが出てきますの、これで納得いくまで設定できます。

NewImage

 

NewImage

cmd +Jでライブフィルタレイヤを複製します。

ブレンドモードを変更することによって様々効果を追加できます。

完成:

NewImage

 

別の例:

処理前:

NewImage

 

処理後:

NewImage

 

まずは、覆い焼きブラシと焼き込みブラシを使って、ハイライトとシャドウを

強調していきます。

NewImage

 

照明フィルタをここで追加します。

スペキュラーカラーをオレンジ系に変更します。

雲の中に光源があるように設定します。

NewImage

次はライブフィルタ > カーブ調整を追加、調整。

NewImage

次は、ガウスぼかしレイヤを追加し、ブレンドモードをハードライトに調整したあと反転させます。

NewImage

ペイントブラシツールを使ってガウスぼかしレイヤをなぞって、ぼかしを少しずつ消していきます。

ブラシの色に注意!黒か白かでぼかしが消えるかぼかすかが変わります。

これで完成。

 

 

 

 

 

65. Develop > Custom Tone Curve

Rawファイル時のカスタムトーンカーブの適用。

元の画像:雲のディーテールがなくなっています。

NewImage

現像アシスタントから、トーンカーブの適用をはずします。

雲のディーテールが戻ってきました。

NewImage

 

シャドウハイライト調整選択して、トーンカーブの調整します。

ヒストグラムを見ながら、調整。

NewImage

 

現像品:雲のディーテールはかなりあるように調整できました。

NewImage

 

 

64. Develop > Maximising Raw Latitude

ローファイルの露出の寛容度を最大化する。

処理前のローファイル:

NewImage

 

雲のディーテールがなくなっています。

ただし、橋の下の明るさを捨てがたいとします。

露出補正をかけたいところ。

現像アシスタントをクリックし、トーンカーブ項目を”何もしない”に設定します。

NewImage

雲のディーテールは戻ってきて、橋の下の明るさはダウンしました。

NewImage

この状態で、ハイライト/シャドウを調整し、さらに露出のハイライトを上げます。

ヒストグラムを見ながら調整すると良いでね。

NewImage

現像し、さらにライブフィルタや調整レイヤを追加して、仕上げます。

ここでは、新規調整レイヤ > カーブを追加してます。

完成:

NewImage

さらにティップス。

こちらも雲のディーテールが欲しい。

NewImage

今度は、現像アシスタントからトーンカーブを適用します。

NewImage

白が飽和している状態で、シャドウ/ハイライトのハイライトを一番低く設定します。

この状態で現像アシスタントからトーンカーブの適用を外すと、さらに

雲のディーテールが戻ってきました。

NewImage

 

 

この後は、ヒストグラムを見ながら露出補正をかけ、現像して、仕上げます。

 

 

 

63. Develop > Raw: Noise Reduction

Rawでのノイズ除去。

サンプルはISO800で撮影されています。

NewImage

拡大すると。

NewImage

ノイズが目立ちます。

ディーテール > ノイズ軽減を使用します。

NewImage

まずは、カラースライダーを大きくして、カラーノイズを除去します。

NewImage

処理後:

NewImage

カラーノイズは除去でき、輝度ノイズだけが残っている状態になりました。

 

輝度ノイズ、カラーノイズの除去には、”最大”というオプションが用意されています。

通常の処理では除去できないと判断したなら、最大オプションをチェックしましょう。

ただしやり過ぎると全くのっぺりとした画像になりますので、注意が必要です。