92.Getting Creative > Vector lighting

ベクター画像にライティング処理を施す。

 

元画像:

NewImage

 

ビルの窓、ガラス面にベクター画像を追加する。

その後、光の効果を連動させたいベクター画像どうしをグループ化しておく

NewImage

窓の一つを例にとる。

NewImage

新規ライブフィルターレイヤ > 照明フィルターを選択

光の向きと、色、強さを調整します。

NewImage

この窓は、4枚のベクター画像をグループ化して構成されているため、

一つの光源から光が当たっているように計算してくれるので、4枚のベクター画像には

それぞれ個別の影響が現れます。

すべての窓、ガラス面にどうようの照明フィルターを適用して完成です。

 

処理後:

NewImage

 

 

 

91. Getting Creative > Creating light beams

光線を追加します。

処理前の写真:

NewImage

 

ペンツールを選択して、光線を入れたい範囲を作成します。

NewImage

範囲を白で塗りつぶします。

NewImage

エフェクト>ガウスぼかしをかけます。

NewImage

レイアー>ソフトライトをかけます。

NewImage

背景レイアーを選択し、覆い焼きツール>色調範囲をハイライトに設定し、光の当たっている箇所を白くします。

NewImage

 

完成:

NewImage

 

別の例:

元画像:

NewImage

 

ペンツールで選択、白で塗りつぶし、ブラーをかけ、レイヤー>ソフトライト、透過率を変更

するところまで同じです。

NewImage

次に、カーブレイヤーをコピーし、拡大、透過率の変更を行います。

NewImage

トーンカーブを追加し、調整します。つまり、光線を多重にすることで奥行きをだします。

NewImage

 

NewImage

 

覆い焼きツールで背景画像を調整して完成。

NewImage

90.Getting Creative > Creating Atmosphere

空気感を追加します。

元の画像:

NewImage

ピクセルレイヤを追加します。

グラデーションツールでグラデーションを作成します。

ブレンドモードをハードライトに変更します。

霧がかかった様に見えます。

NewImage

ブレンドレンジを調整

NewImage

 

ピクセルレイヤを選択した状態で、マスクレイヤを追加します。

マスクレイヤを選択し、ブラシツールを選択。

ブラシのサイズ、形状(テクスチャ)と不透明度10%に調整して、手前の樹木付近を消していきます。

 

NewImage

 

霧が少し晴れたような雰囲気になります。

さらに加工していきます。

新規調整レイヤのリカラーを選択します。

オレンジに選択し、サチュレーションを調整します。

NewImage

 

ブレンドモードを乗算に設定し、最後に新規調整レイヤのカーブ補正して、完成です。

 

NewImage